2010年09月17日

Publish in English

先日、英語で論文を書こうという趣旨のセミナーに行ってきました。
英語で論文を!ということよりも、
むしろ、査読を、どのように通過するかということに焦点がおかれていた様な気がします。
いずれにしても、とても励みになりました。
英語で論文を書いて、ジャーナルに載せるというのは、
博士課程の学生、そして研究者なら、一度はトライしたいものです。
セミナーの中で、ある人が言った言葉が印象に残っています。
「論文を10本書いて、一人前」。
そうか、論文10本・・・・。
長い、道のりです。
がんばりましょう!

にほんブログ村 その他日記ブログ 研究職日記へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
ラベル:english Publish
posted by ことり。 at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究生活・研究方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。