2008年09月07日

はちみつ


先日、二日酔いに一番効果のあるのはハチミツであるという記事を読んだ。最近は、二日酔いになる機会はまるっきりない生活をしているが、ハチミツの効果に興味がそそられる。そもそも、ミツバチ達が一生懸命、花の蜜を集めて何度も何度も巣と花畑を往復しているかと思うと、いじらしく、ハチミツに好感を持たずにいられなくなる。

フランス・パリに「蜜蜂たち(レザベイユ、les Abeilles)」というハチミツで有名な店があるらしい。ここでは、店の主人が自ら養蜂をしてそれを店に並べているらしい。森に生息するいろいろな植物の花の蜜からできた「森のハチミツ」というのがあるらしく、私がもし購入するなら、コレだ。

そういえば、東京・荻窪の教会通りにもハチミツ専門店があった。2−3度訪れたことがあるが、なかなか洒落た店だ。

私が、本日ASDAで購入したのはの、プラスチックボトル入りのCear honey 425g で 47p という、一番安いハチミツ。なんか、どことなく懐かしい味。今夜は、ホットミルクにこのハチミツを入れて、楽しもう。
posted by ことり。 at 05:27| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

Black berry

Black berry on ice & yugrt.jpg今の季節はなんと言っても「ブラック・ベリー Black berry」。庭に、沢山なっている。3日に1回は収穫するという頻度で、忙しいが嬉しい悲鳴というものだ。ブラック・ベリーは全て砂糖と一緒に煮てジャムにしている。これを、ヨーグルトと一緒に食べたり、パンケーキと一緒に食べたりして、季節の味を楽しんでいる。私の大好きな組み合わせは、バニラアイス+プレーンヨーグルト+ブラックベリージャム。

私の知人はというと、ウォッカにブラック・ベリーから絞ったジュースを入れて楽しんでいる。しかも、この二つがよく合うらしい。ウォッカか・・・。ウォッカを飲むなら、やっぱり私は007と同じウォッカ・マティーニだな。もちろん、ステアじゃなく、シェイクで。
posted by ことり。 at 03:45| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

カフェ・ルージュ

ロンドンにカフェ・ルージュCafé Rouge というお店がある。
雰囲気のいいお店で、ここで飲むビールは益々味わい深い。
なぜなら、ずっと会いたいと思っていた人達に会えたから。
そして、そこで飲んで美味しいと思ったのは、
“Kronenbourg”という銘柄で、フランスとドイツの国境近くで作られたライトな味のビール。
最近、ようやくビールが美味しいと感じるようになってきた。
「美味しい」というのは、ちょっと言いすぎだが、
少なくとも「まずい!苦い!」という拒絶反応は軽減した。
ともかく、冷えたグラスに注いだ“Kronenbourg”は、
ロンドンのカフェ・ルージュで、
心温まる人たちとおしゃべりしながら飲むには最高だ。

posted by ことり。 at 23:22| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

Água de beber

乳製品が好きで、飲み物なら、カフェオレかミルクティがいい。しかし、最近は、「水に氷」が一番美味しく感じるようになってきている。飲み物に関しては、究極の域に達してきているのではないかと、最近はもっぱら自画自賛しているところだ。

マンチェスターの水道水に氷が、なんとも美味しい。湖水地方から水を引いているために、どこか透明感のある美味しい味がする。さて、美味しい水といえば、ボサノバで「Água de beber」という曲がある。哀愁のあるいい曲だ。実際の歌詞の意味は、味覚としての「おいしい水」ではなくて、精神的・情緒的な意味で、飢え乾いた心を潤すものを指しているようだ1)

美味しい水とは、一体なんだろうか。ボトル水を買って呑んでいる人もいて、賛否両論あるところだろう。最近のC-NEWS編集部の調査によると、「六甲のおいしい水」「エビアン」「ボルビック」などが、美味しいとされているようだ2)

私も日本に住んでいたころは、2リットルのボトル6本入りを箱で購入していた。しかし、購入理由は「おいしいから」ではなく、「東京水道水がどうしてもそのまま飲めない」という理由だった。最近の、東京の水道水はどんな味(におい)なんだろうか?そんなことを考えて、日本を懐かしみながら、マンチェスターの水道水をまたも飲んで、「あーーー美味しい!」と言っているところ。もちろん、バックミュージックは「Água de beber」。

[参考]
1) Unknown. [online] “質問 ボサノバ「おいしい水」について” available at
http://okwave.jp/qa196338.html
2) Business Media 誠(2008)[online] “調査リポート 美味しいと思うミネラルウォーターは?” available at
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0808/25/news060.html
posted by ことり。 at 03:22| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

Fresh Garam

友人がパキスタン料理を作ってくれた。
様々なスパイシーがふんだんに使用された料理に、非常に感激した。
そして、お土産にもらったのが「Fresh Garam」。
パウダーになっていない状態の、いろいろな乾燥スパイスがミックスされているもので、料理によって、そのまま使ったり、少し砕いて使ったり、または、完全に砕いてから使ったりと、応用可能な状態のものだ。しかし、このミックスは、一体なんだろうか。
シナモン、コショウ、月桂樹の葉、からしの種、クミン・・・あとはよく分からない。
しかし、身体によさそうなのは、明白。医食同源、アーユルベーダという感じで、またしてもLOHAS(ロハス)だ。


posted by ことり。 at 00:53| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

Jane Eyre in Perk District

Near Calk abbey 4.jpgイギリスの中部にPerk Districtという特別な場所がある。一度訪れたが、何度も何度もいきたいと感じる場所で、もしかして、私が一番好きな地域かもしれない。なんといっても、シャーロッテ・ブロンテが、彼女の唯一の友人宅を訪問し3週間滞在した場所があり、その場所が、ジェーンエアの舞台の一つになっている点が、魅力の一つだ。

その場所は、Edaleという村で、この場面は、ジェーンがローチェスターのいるソーンフィールドを出て、空腹のために食べ物を求めて歩き、ムーアの果てに家の明かりを見つけて、ヒースの茂みの中を疲労の中、歩きムーアハウスにたどり着く・・・という場面のもとになっている。
Near Derby 4.jpg
前回、Perk Districtに行った際は、このEdaleのウィレッジにいかれなかった。これが残念で残念で・・・。しかし、Perk Districtは広く、他のウィレッジやムーアを歩いたので、少なくとも、満足感はあり、Edaleは次回のお楽しみにしておこうと思う。
posted by ことり。 at 20:32| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

LOHAS

0023 pearl's lunch 3.jpg
最近、ようやく身体が健康になって充実してきたような気がします。
というのは、食事を気をつけるようにしているからです。
1週間、ウェールズの友人宅に滞在し、日々の食事で大いに学ぶところがありました。
つまり、「いろいろ食べる」ということです。
基本的なことを守っていなかったので、私は、かなり貧弱でした・・・。
Breakfast 2.jpg
ピクニックに行く際も、いろいろ食べました。友人がパンに、トマト、ネギ、レタス、キュウリをたっぷりはさんで、特大の美味しいランチを作ってくれました。パンの上で、トマトを切るという、かなり豪快なランチです。
朝食も、テスコのヨーグルトに、メロン、オレンジ、レーズンなど。
食事は、大切ですね。
そうです、LOHAS(ロハス)でいかないと!
タグ:LOHAS ロハス
posted by ことり。 at 21:50| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

Brontë Country

0075 Haworth footpaths 10.jpg
イギリスに来てようやくようやく、本当にようやくハワース(Haworth)を訪問する機会を得ました。
もちろん目的は、ブロンテ姉妹が育ったムーアやブロンテ姉妹の精神世界に触れることです。

ブロンテ家のミュージアムも良かったけど、やっぱりヒースの茂った丘が良かった。まさに「嵐が丘 Wuthering Heights」です。フットパスを通って、時間が許す限りどこまでも歩いて行きました。天気が良くて、とても気持ちよかったです。
0076 Penistons hill 34.jpg
岩の淵にたって、見渡すと素晴らしい景色で、そして、そこで私が叫んだのは、やっぱり・・・・
「ヒースクリーフ!カムバーック!ヒースクリーフ!!カムバーック!!!!」
posted by ことり。 at 07:47| ロンドン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

Joe's ice cream

Joy's ice cream 0006.jpgもし、Swansea(スウォンジー)に行く機会があるならば、是非立ち寄ってもらいたいところがあります。それは、ジョーのアイスクリーム店(Joe's ice cream)。

先日、友人に連れて行ってもらい、
ワンカップのアイスクリームを頂きましたが、
それはそれはステキな味でした。
ウェールズ・バターを使用しているのではないかと
友人は言っていましたが、本当はよくわかりません。

でも、他の店とは違うステキな味!

お店のwebサイト
http://joes.webmediaworks.co.uk/index.php
posted by ことり。 at 22:06| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

London

明日、ロンドンへ行って来ます。英国に来て一年たちましたが、一度もロンドンへ行っていなかったのです!
マンチェスターからロンドンへは、飛行機で1時間くらい、運賃は40ポンドですから、1万円位ですね。
しかし、はやりロンドン!!
混雑していることだろうと思います。
そして、ターミナルも、1,2,3,4 に引き続き、ターミナル5まで出来ているようですから、凄いです。

私は、ターミナル2に到着ですが、知人とターミナル1で待ち合わせです。ヒースロー空港ってどうなっているんだろう????ちゃんと会えるかな・・・。
偶然見つけたwebサイト「ワンワールドoneworld®」。
世界の空港情報や、フライトについても幅広く扱っているので、活用できそう。

ちょっとした旅の気分です。いい気分転換になるかも。
ロンドンで気分転換かー、聞こえはいいナ。

ワンワールド http://www.oneworld-jp.com/
posted by ことり。 at 20:58| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(プレ研究生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。